『友達がいないということ』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

友達がいないということ (ちくまプリマー新書)

友達がいないということ (ちくまプリマー新書)

★『友達がいないということ』(小谷野敦/筑摩書房/819円)【→amazon
「便所めし」という言葉があるが、友達がいないということは、「もてない」よりもつらいかもしれない。文学作品を始め、さまざまな視点から描く、ネット時代の友達論。
 ★『日本の最深部へ』(岡本太郎/筑摩書房/1680円)【→amazon
「伝統」といわれるものの正体を徹底的に見返した岡本太郎のまなざしは、さらなる核心、すなわち日本の最深部へと向かう。沖縄の離島、恐山、熊野、高野山…。聖なる場所や秘境を精力的に訪ね歩き、祭りに飛び込み、歴史を体感し、人びとと語り合うなかで掴みだしたもの。それはいわゆる「伝統」を突きぬけた、全く異質な日本であった。悲しみを秘めつつ、たくましく躍動し、原始の大らかさに連なる根源的な人びとの営み。本巻では文化の基層と本質に鋭く迫った岡本太郎の日本文化論を集成、その問題意識を側面から浮き彫りにする対論・鼎談も収録する。
 
叛逆の精神―大杉栄評論集 (平凡社ライブラリー)

叛逆の精神―大杉栄評論集 (平凡社ライブラリー)

★『叛逆の精神−大杉栄評論集−』(大杉栄/平凡社/1260円)【→amazon
「僕は精神が好きだ」ほか、大杉栄の主要な論文を集める。桁外れに明るく陽気な思想家・大杉栄の社会思想は、その人物像とともに近代思想を考える上で大きな意味を持つ。解説=鎌田慧
 
イスラム芸術の幾何学:天上の図形を描く (アルケミスト双書)

イスラム芸術の幾何学:天上の図形を描く (アルケミスト双書)

★『イスラム芸術の幾何学−天上の図形を描く−』(ダウド・サットン/創元社/1260円)【→amazon
神の似姿の表現を冒涜として禁じたイスラム教は、神の「みわざ」をこの世で表現するものとして、精妙な幾何学模様を選びとった。平面をシンメトリカルに分割し、複雑に織りなすデザインを作り出すことで、無限や森羅万象のゆるぎない中心という概念を豊かに作り出したのだ。そのあまりの複雑さにめまいするイスラム幾何学模様だが、著者はいくつかの幾何学的原則を知っていれば、だれもがやすやすと描けることを明らかにする。
 
君は隅田川に消えたのか -藤牧義夫と版画の虚実

君は隅田川に消えたのか -藤牧義夫と版画の虚実

★『君は隅田川に消えたのか−藤牧義夫と版画の虚実−』(駒村吉重/講談社/2415円)【→amazon
美術評論家洲之内徹が絶賛した藤牧義夫。その消息はいまも不明で、作品にはさらに大きな謎が残る。藤牧生誕百年、絵巻と版画に秘められた怪事を追う。
 

『日本絶景街道−最高の景色に出会える日本の道、87選!−』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

日本絶景街道

日本絶景街道

★『日本絶景街道−最高の景色に出会える日本の道、87選!−』(須藤英一/大泉書店/1470円)【→amazon
日本の絶景を車で見てまわるためのガイドブック。北海道から九州まで、四季折々の絶景を87ヵ所に厳選し、それぞれ美しい写真とともに紹介。有名な観光道路やスカイラインなどが載っている「ルートガイド&地図」、見ごろの時期がひと目でわかる「絶景ナビ」も収載。『日本百名道』の著者の最新刊で、すべて新作撮り下ろし写真。
 
海戦からみた日清戦争 (角川oneテーマ21)

海戦からみた日清戦争 (角川oneテーマ21)

★『海戦からみた日清戦争』(戸高一成/角川書店/760円)【→amazon
軍備において劣勢にあった明治海軍は、大国・清といかに戦ったのか。脱派閥、リストラ、専門家育成など、封建主義を乗り越えた海軍建設の歴史を通して、日本の「近代」に改めて光をあてる。稀少図版・海戦図を収録。
 
古代ローマの饗宴 (講談社学術文庫)

古代ローマの饗宴 (講談社学術文庫)

★『古代ローマの饗宴』(エウジェニア・S.P.リコッティ/講談社/1260円)【→amazon
キャベツ礼賛者カトー、最高の饗宴を催した解放奴隷トリマルキオ、「真似のできない暮し」をしたクレオパトラ、葡萄酒を愛した詩人ホラティウス、消化不良のキケロ…。養殖の海魚、肥えたヤマネ、乳育のカタツムリなど贅を極めた晩餐から、農夫の質実剛健な食卓まで、二千年前、大繁栄を謳歌した帝国の食文化とは。当時の食材やレシピも多数併録。
 
食の500年史

食の500年史

★『食の500年史』(ジェフリー・M.ピルチャー/NTT出版/2310円)【→amazon
世界の食文化はどのように形成されてきたか?人類の食文化の歴史はグローバリゼーションの歴史だった―。政治、経済、民族、環境など複雑な要素が絡み合う世界の食の歴史を、コロンブスの交換から現代までの流れのなかでダイナミックに読み解く。
 
ストリートファッション論

ストリートファッション論

★『ストリートファッション論−日本のファッションの可能性を考える−』(渡辺明日香/産業能率大学出版部/2100円)【→amazon
ファッションの特質や循環性について考察し、戦後から現在までのストリートファッションの変容をたどる。また、アパレル産業の歴史、ファッション雑誌・携帯・ウェブ、東京都内のファッションストリートの変遷等も取り上げる。
 

『フーコー』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

フーコー (ちくま学芸文庫)

フーコー (ちくま学芸文庫)

★『フーコー』(リディア・アリックス・フィリンガム/筑摩書房/1155円)【→amazon
今も広い文脈で読まれている20世紀思想のカリスマ、フーコー。その幅広い仕事と思想にこれ以上なく平明に迫るビジュアルブック。充実の付録資料付。
 
新装版 失われた鉄道を求めて (文春文庫)

新装版 失われた鉄道を求めて (文春文庫)

★『失われた鉄道を求めて 新装版』(宮脇俊三/文藝春秋/580円)【→amazon
無駄のない文体と諧謔の裡に、限りなく深い鉄道への憧憬をにじませた宮脇俊三の紀行文学は、歿後もその輝きを失わない。日本国内のみならず、サイパン、ティニアンなどの廃線跡を探訪した本書は、鉄道考古学という新ジャンルを確立しただけでなく、のちの廃線跡ブームの先駆けともなった記念碑的作品。
 
エリザベート (ビジュアル選書)

エリザベート (ビジュアル選書)

★『エリザベート−美と旅に生きた彷徨の皇妃−』(森実与子/新人物往来社/1890円)【→amazon
ヨーロッパ最高の美姫、苦悩と悲劇の生涯。
 ★『昭和天皇 第2部 英国王室と関東大震災』(福田和也/文藝春秋/700円)【→amazon
「彼の人は、この地において、その人生のなかでもっとも甘美な時の一つをもった」。大正十年、皇太子裕仁は初の欧州外遊で自由の味を知る。しかしその青春は早すぎる終焉を迎えた。帰国後、原敬首相暗殺、関東大震災虎の門事件などが続発し、世情が不穏の相を濃くする中、やがて大正天皇崩御。ついに裕仁の時代が訪れる。
 
中米の初期文明オルメカ (世界の考古学)

中米の初期文明オルメカ (世界の考古学)

★『中米の初期文明オルメカ』(伊藤伸幸/同成社/2625円)【→amazon
最新データが語る考古学の世界!人間活動の痕跡を丹念に追い、人類史の真相を明らかに。平易な語り口と豊富な写真・図版から浮かび上がるメソアメリカ初期文明の様相。
 

『徹底検証・日本の軍歌−戦争の時代と音楽−』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

徹底検証・日本の軍歌―戦争の時代と音楽

徹底検証・日本の軍歌―戦争の時代と音楽

★『徹底検証・日本の軍歌−戦争の時代と音楽−』(小村公次/学習の友社/2520円)【→amazon
日本の軍歌はいつ、どのようにして生まれたのか。そもそも軍歌とは何か。幕末維新から明治、大正、昭和という近代日本の歩みのなかで、軍歌が担った役割と歴史を徹底的に検証し、戦争の時代のなかで音楽がどのような運命をたどったかを考察する。
 
明治の東京写真 丸の内・神田・日本橋

明治の東京写真 丸の内・神田・日本橋

★『明治の東京写真 丸の内・神田・日本橋』(石黒敬章/角川学芸出版/3360円)【→amazon
一丁倫敦と呼ばれた洋風煉瓦街、原っぱに忽然と姿を現した丸の内の近代建築群、現在も高速道路の下に残る100年前の日本橋の景観。近代化へと突き進んだ帝都東京の中心部を、圧倒的な質と量の650点余の写真で復元!
 
諜報の天才 杉原千畝 (新潮選書)

諜報の天才 杉原千畝 (新潮選書)

★『諜報の天才杉原千畝』(白石仁章/新潮社/1155円)【→amazon
国難をいち早く察知する驚異の諜報能力。この男にソ連は震えあがり、ユダヤ系情報ネットワークは危険を顧みず献身した―。日本の「耳」として戦火のヨーロッパを駆けずり回った情報士官の、失われたジグソーパズル。ミステリアスな外交電報の山にメスを入れ、厖大なピースを70年ぶりに完成させた本邦初の快挙。日本が忘れ去った英知の凡てがここにある。
 
「紙」と共に去りぬ

「紙」と共に去りぬ

★『「紙」と共に去りぬ』(でんごつねお/リベルタ出版/1890円)【→amazon
「グーグル騒動」とは何だったのか?「黒船」去って余韻冷めやらぬ間に、今度は「電子へ、電子へ」と草木もなびく。いったいそれで出版の構造的危機を脱することができると言うのだろうか?広く日本社会とメディアの危機の中に出版の危機を定位し、問題を抉る。
 
観念的生活 (文春文庫)

観念的生活 (文春文庫)

★『観念的生活』(中島義道/文藝春秋/580円)【→amazon
デカルトに疑念を呈し、ニーチェの矛盾を看破、ドストエフスキーを笑い飛ばしもする。この一年半の生と思索の軌跡のなかで、唯一無比の哲学者は、死を怖れつつ死を哲学的に追い詰め、時間論を発展させ、高き領域にまで達するのだ。また、新稿「観念的生活、その後」で明かされる、最終的境地への予感。
 

『数と正義のパラドクス−頭の痛い数学ミステリー−』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

数と正義のパラドクス 頭の痛い数学ミステリー

数と正義のパラドクス 頭の痛い数学ミステリー

★『数と正義のパラドクス−頭の痛い数学ミステリー−』(ジョージ・G.スピロ/青土社/2520円)【→amazon
多数決がいちばん公正と誰もが思う選挙や投票だが、そのシステムは実は欠陥だらけ。パズル結果のような数値の横行が、権力を支配し左右する―。この数と正義のパラドクスという難題に、数学・統計学や数学者列伝、さらに哲学・歴史・政治学から大胆・精緻に迫る。民主主義にとって数とは何なのか。
 
万年筆国産化一〇〇年―セーラー万年筆とその仲間たち

万年筆国産化一〇〇年―セーラー万年筆とその仲間たち

★『万年筆国産化一〇〇年−セーラー万年筆とその仲間たち−』(桐山勝/三五館/1680円)【→amazon
デジタル化が進む今、万年筆はなぜ魅惑の道具になり出したのか?国産化一〇〇年の歴史を振り返ってみると、単なる筆記具にはとどまらない、人間と社会が交錯するドラマと、好奇心を誘う魅力に満ちあふれていた―。ジャーナリストの視点から考察した、まったく新しい「万年筆」本。
 
アートとデザインの構成学―現代造形の科学

アートとデザインの構成学―現代造形の科学

★『アートとデザインの構成学−現代造形の科学−』(森竹巳/編 穂積穀重/〔ほか〕著/朝倉書店/1885円)【→amazon
構成学の理論と展開を平易な表現と明快な論旨でわかりやすく解説。現代造形の核心をつかむのに役立つ研究領域を取り上げ、構成学の基本的な「ものの見方」や「考え方」を伝える。
 
ガンダムが教えてくれたこと

ガンダムが教えてくれたこと

★『ガンダムが教えてくれたこと−一年戦争に学ぶ“勝ち残る組織”のつくり方−』(鈴木博毅/日本実業出版社/1365円)【→amazon
ホワイトベースアムロの「戦場」、ブライトは口うるさい「上司」です。地球連邦軍は「官僚組織」ゆえ、素人集団のホワイトベースを認めようとしません。ジオン公国軍は典型的な「同族会社」で、家族同士の対立で崩壊します。アムロはクルーの応援で勝てたのに対し、シャアは一匹狼…。そう、ガンダムの世界は、実は「組織論」として読み直せるのです。ガンダムに学ぶ、混迷の時代を勝ち抜くマネジメント術。
 
名画の読み方 怖い絵の謎を解く

名画の読み方 怖い絵の謎を解く

★『怖い絵の謎を解く−名画の読み方−』(平松洋/新人物往来社/1890円)【→amazon
知的アクロバットと深い人間理解―これが名画の読み方だ!多数の名画が織り成す恐怖世界へようこそ!名作絵画に潜む戦慄の真実。
 

『民俗学とは何か−柳田・折口・渋沢に学び直す−』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

民俗学とは何か―柳田・折口・渋沢に学び直す

民俗学とは何か―柳田・折口・渋沢に学び直す

★『民俗学とは何か−柳田・折口・渋沢に学び直す−』(新谷尚紀/吉川弘文館/1995円)【→amazon
日本民俗学フォークロアでも文化人類学でもない。柳田國男折口信夫渋沢敬三らの原点確認によりそれらの誤解を解き「もう一つの歴史学」として捉え直す。民俗学の新たな出発と豊かな可能性を描く民俗学入門。
 ★『東京ノスタルジー喫茶−TOKYOカフェ 懐かしさの香るあのカフェへ−』( /エンターブレイン/1280円)【→amazon
なんとなく落ち着く、長居したくなる。テイストは違っていても、多くの人が集まるカフェには、「居心地のよさ」が共通しています。そんな心地よさを醸し出す要素のひとつに、「懐かしさ」があるのではないでしょうか。昔からある老舗喫茶店、おばあちゃんの家のような和カフェ、新しいのにレトロ風なカフェ……。忙しい毎日の中で心静かに過ごせる、ちょっと懐かしい雰囲気のカフェや喫茶店を集めました。
 
イノシシを獲る―ワナのかけ方から肉の販売まで

イノシシを獲る―ワナのかけ方から肉の販売まで

★『イノシシを獲る−ワナのかけ方から肉の販売まで−』(小寺祐二/編著/農山漁村文化協会/1680円)【→amazon
イノシシによる農作物被害を防ぐ捕獲の要点を解説。進入防止?による被害防止や、箱ワナ・囲いワナ・脚くくりワナによる捕獲の方法を図や写真を用いて説明する。捕獲したイノシシの食肉加工についても触れる。
 
数学ガール/乱択アルゴリズム (数学ガールシリーズ 4)

数学ガール/乱択アルゴリズム (数学ガールシリーズ 4)

★『数学ガール 乱択アルゴリズム』(結城浩/ソフトバンククリエイティブ/1995円)【→amazon
確率とコンピュータの深くて不思議な関係とは?「僕」と四人の少女が、乱択アルゴリズムの世界に挑む魅惑の数学物語。
 
パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)

パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)

★『パチンコがアニメだらけになった理由』(安藤健二/洋泉社/1680円)【→amazon
封印作品の謎』シリーズでサブカルチャーの闇を暴いた気鋭のルポライターが挑む新境地。日本が世界に誇る漫画やアニメ産業の実態と、庶民の娯楽の代表パチンコ21兆円市場を結ぶタイアップ企画のちょっと表には出せないヤバい話。
 

『中国・台湾における日本像−映画・教科書・翻訳が伝える日本−』ほか

今日の読みたい本・おすすめ版。
1日5冊紹介(当分)。
 

中国・台湾における日本像―映画・教科書・翻訳が伝える日本

中国・台湾における日本像―映画・教科書・翻訳が伝える日本

★『中国・台湾における日本像−映画・教科書・翻訳が伝える日本−』(弓削俊洋/編著/東方書店/2310円)【→amazon
現代中国・台湾の映画・教科書・翻訳作品など、日本情報を伝達する種々のメディアに映し出される日本・日本人像を明らかにする。“反日”“親日”にとどまらない複雑な対日イメージが生み出される背景を探ると、内政問題や日中関係の軋轢、人々の価値観の変化が見えてくる。日本という“合わせ鏡”に映し出された現代中国・台湾の実情にも光を当てる。
 
山口組動乱 2008?2011 司忍六代目組長「玉座復帰」の光と影

山口組動乱 2008?2011 司忍六代目組長「玉座復帰」の光と影

★『山口組動乱!!−司忍六代目組長−「玉座復帰」の光と影 2008〜2011−』(溝口敦/竹書房/1470円)【→amazon
日本最多の構成員を擁する暴力団山口組の司忍組長が、再び6代目の椅子に座ることになった。暴力団が変質せざるを得ない今、司組長は今後どう舵を切るのか、その光と影に迫る。『実話ドキュメント』掲載を単行本化。
 
人類学の再構築―人間社会とはなにか―

人類学の再構築―人間社会とはなにか―

★『人類学の再構築−人間社会とはなにか−』(モーリス・ゴドリエ/明石書店/3360円)【→amazon
1世紀にわたる人類学の成果を総括し、人類学が今後いかなる道を歩むべきかを提示する。いま人類学は可能なのか、可能とするならばなにができるのか──著者の40年にわたるフィールドワークと透徹した思索の精華ともいうべきゴドリエ入門書。
 ★『〈都市〉のアメリカ文化学』(笹田直人/編著/ミネルヴァ書房/3150円)【→amazon
アメリカ“都市”の過去と現在をあぶりだす。アメリカの都市の成り立ちと現況の問題群を浮かび上がらせるアメリカ文化学の精華。
 
パリが愛した娼婦

パリが愛した娼婦

★『パリが愛した娼婦』(鹿島茂/角川学芸出版/2940円)【→amazon
シャンゼリゼブローニュの森、アパルトマン――。資本主義の発達と共に娼婦たちは街を跋扈しはじめた! 娼館の外に出た高級娼婦と私娼、ヒモや女衒、男たちの生態とメカニズムを、小説や資料を駆使して描き出す。